(株)四国中央市総合サービスセンターは、四国中央市から委託を受けて、市内一円の公立幼稚園、小学校、中学校に給食を提供する第三セクターの会社です。子供たちが直接口にする給食を作っておりますので、衛生管理や安全管理には細心の注意を払い、万全を期すよう努めております。子供たちに「給食がおいしかった」と言ってもらえるよう、従業員一同、日々研鑽するとともに、食育を通じて学校教育の一助になればと思っています。

代表取締役社長 石川寿一
代表取締役社長 石川寿一

【沿革】

昭和63年4月7日有限会社 川之江給食サービスセンター(資本金100万円)として設立
平成16年4月1日市町村合併により新宮地域が給食調理業務対象になる
平成19年5月18日現社名に変更
平成19年8月7日四国中央市が出資し、株式会社 四国総合サービスセンター(資本金1000万)となる
平成20年4月1日三島・土居地域も給食調理業務対象になる。
平成23年4月1日現在の業務形態になる。
従業員数(令和3年6月1日現在)
社員(嘱託社員含む)64人
パート48人
シルバー人材センター派遣14人
合計126人
年間取引額約3億円